プロキシ・セキュアWebゲートウェイ

認証やURLフィルタリングなどのセキュアWebゲートウェイ機能に加え、Office365などのSaaS通信高速化や、SSL/TLS可視化機能など、あらゆるセキュリティ機能をワンボックスに集約したWebセキュリティソリューション

A10を試す お問い合わせ

インターネット上に潜む脅威

企業のDXや働き方改革の一環としてOffice 365等のクラウドサービスの導入が進む中で、ネットワーク負荷増加による業務効率低下の問題が起きています。
また、暗号化通信に隠れた脅威、不正Webサイトの巧妙化など、ビジネスを脅かす新しい脅威にも次々に対応していかなければなりません。

管理対象機器の増加
  • 機器ごとに操作方法が異なるため、運用が煩雑
  • 機器コストや運用コストが増大
  • ポリシー管理の複雑さ

インターネット利用の増加
  • クラウドシフトによる、ネットワーク負荷の増加
  • 不正Webサイトへのアクセスリスク

SSL/TLS通信の増加
  • 70~90%のインターネット通信が暗号化
  • SSL/TLS処理によるパフォーマンス低下
  • SSL/TLS通信を検査対象から外すことによるセキュリティリスク

ハイパフォーマンスなA10で機器/運用コストを削減

A10 Thunderシリーズのエントリーモデルは、他社プロキシ製品の最上位モデルと比較しても数十倍となる高いパフォーマンスを、数十分の一の低価格で提供します。
Thunderシリーズはマルチコア・マルチCPUの性能を最大限引き出すことに成功したA10の独自OS ACOS(Advanced Core Operating System)を搭載し、コンパクトな筐体で最高峰のパフォーマンスを実現します。また、SSL/TLS処理に最適化されたアーキテクチャにより、インターネット接続の品質を損なうことなく高速に暗号化通信を復号できます。

1台にセキュリティ機能を集約

認証やURLフィルタリングなどのセキュアWebゲートウェイ機能に加え、 Office365などのSaaS通信高速化や、SSL/TLS可視化機能など、あらゆるセキュリティ機能をワンボックスに集約しています

Webアクセスのセキュリティを確保

  • あらゆる認証プロトコルに対応し、承認された端末ユーザーのみWebアクセスが可能なプロキシ認証
  • ユーザーグループやネットワークサブネット情報をもとにWebアクセスを制御
  • URLフィルタリング機能をサポート
  • A10の脅威インテリジェンスにより、あらゆるWeb/脅威のURL/IPを自動で更新可能
  • Syslogサーバーと連携したユーザーアクセス監査
  • レイヤ2およびレイヤ3のネットワークにおいて、明示型プロキシと透過型プロキシの両方に対応

インターネット上の脅威から社内を保護

マルウェアサイトやボットネットとの通信をURLベースで監視し、リスクの高い悪意のあるサイトへのアクセスである場合は、通信を遮断することによって不正な通信を未然に防ぎます。AI(人工知能)を活用した脅威インテリジェンスクラウドにより、4億6千万以上のドメインと130 億以上のURL を分析し、高い精度で脅威の判別が可能です。
脅威インテリジェンスから提供されるIPレピュテーション情報を利用することにより、IP アドレスベースで悪意のあるサイトとの通信を遮断します。

  • カテゴリ化されたURLリストによるURLフィルタリング機能
  • 不正アップロードによる情報漏洩を防止

Office365などのSaaS通信の高速化

Office 365 やG Suite などSaaSの利用で増大するネットワーク負荷を軽減するソリューションです。

  • ① ネットワーク回線のオフロード(ローカルブレークアウト)
    URL などをキーとしてOffice 365 などSaaS宛の通信のみを専用回線に振り分けます。これによりWANや従来のインターネット回線に集中する通信をオフロードし、快適なインターネットアクセスを実現します。
  • ② プロキシ負荷のオフロード(クラウドアクセスプロキシ)
    URL などをキーとしてOffice 365 などSaaS宛通信のみプロキシを経由しないように経路変更することにより、既存プロキシへの負荷を軽減します。

不定期に変更されるOffice 365 のドメイン名の自動更新も可能です。

SSLに潜む脅威を見える化

A10 でSSL/TLSに隠れた攻撃を見える化します。セキュリティ機器の多くはSSL/TLS復号できないか、または復号すると性能が低下してしまいます。高速にSSL/TLS処理が可能なA10 Thunderをセキュリティ製品と連携させることにより、インターネット速度の低下を防ぎながらセキュリティを向上させます。
A10 Thunderは国内で数多くのセキュリティ装置との連携実績を持ち、SSL可視化市場で4年連続シェアNo.1を獲得しています。
※ Source: ITR「ITR Market View:サイバー・セキュリティ対策市場2020」
SSL可視化市場:ベンダー別売上金額シェア(2016~2019年度予測)

回線冗長

A10 Thunderに標準搭載されたヘルスモニタ機能で複数回線のヘルスチェックを実施することにより、接続先のシステムになんらかの障害が発生した場合にバックアップ回線へ振分け、業務を継続することが可能です。

A10を今すぐ試す