クラウドアクセスプロキシ・ローカルブレイクアウト

Microsoft 365等SaaS導入に伴い発生するWAN回線のひっ迫や
社内データセンターのプロキシサーバー/ファイアウォールの負荷の課題を解決します。

A10を試す お問い合わせ

企業のクラウドシフトに伴いインターネット向けのトラフィックが急激に増加すると、WAN回線のひっ迫や社内データセンターのプロキシサーバー/ファイアウォールへの負荷が高まり、クラウドサービスだけではなくビジネスにおいて重要なサービスにアクセスできなくなるなどの問題が起こります。

プロキシやネットワーク回線への負荷
  • 「Microsoft 365(旧Office 365)」や「Google Workspace(旧G Suite)」のようなSaaS版オフィススイートでは、Web閲覧とは比べ物にならないほど多くのセッションが発生します。
  • 社内データセンターに設置されたプロキシやファイアウォールの負荷が増大しネットワークのボトルネックとなります。
  • プロキシを増設した場合、十分な性能を得るための投資額は一般的に高額になります。
  • 拠点からのインターネットへの通信量が増えることにより、ネットワーク回線がひっ迫します。

運用負荷の増大
  • 多くのSaaSベンダーは、サービスのIPアドレスを頻繁に変更する傾向にあります。
  • UTMやSD-WAN、ルーター、ファイアウォール等、IPアドレスを用いてトラフィックを制御するソリューションの場合、IPアドレスが変更されるたびに設定を変更しなければなりません。
  • 同じIPアドレスで複数のサービスが提供されている場合、識別が困難となり、振分けがうまく行えません。

シャドーIT
  • SaaSサービスを導入すると、個人アカウントや無料アカウントなど、意図しないアカウントでの接続により、社内からの情報漏洩が発生する恐れがあります。
  • UTMやSD-WANの場合、パフォーマンスや機能の問題により、個人アカウントの利用を制限できない場合があります。

社内データセンターにおける、A10のSaaSトラフィック最適化ソリューション

Microsoft 365やGoogle WorkspaceなどSaaSの利用で増大するネットワーク負荷やセキュリティ課題をA10 Thunder CFWのクラウドアクセスプロキシ(クラウドプロキシ)機能で軽減するソリューションです。

クラウドアクセスプロキシ(クラウドプロキシ)

A10 Thunder CFWをプロキシとして導入することにより、SaaS導入後の既存プロキシへの負荷を軽減します。不定期に変更されるMicrosoft 365のドメイン名の自動更新も可能です。

  • エントリー機器でもハイエンドのプロキシの20倍以上のセッションを処理可能です。
  • 宛先ドメイン名/URLにより通信を振分けることにより、IPアドレスよりも精度が高い振分けが可能 です。
  • 透過的にネットワークに導入できます。
  • Microsoft 365のURLリストを自動的に更新することができます。

ネットワーク回線をオフロード

SaaSへのアクセスはプロキシを経由せず直接 SaaS 専用回線へ振り分けることが可能です。SaaS 向け通信以外は、既存プロキシサーバへ振り分けてからインターネット接続回線へ転送されるため、回線のひっ迫を回避しながら安全性も担保します。

  • Windows Update 通信など、ソフトウェアアップデートのトラフィックも識別し、専用回線へ振り分けることができます。

テナント制限ソリューション

企業内のクライアントからクラウドサービスにアクセスする際、許可されたユーザーのみログインを許可、個人/無料アカウントでのログインを制限することが可能です。

  • SSL/TLS 可視化機能により暗号化されたログイン情報にも対応できます。
  • 社内からの情報漏洩を防止することができます。
  • Microsoft 365、Google Workspaceだけでなく、box、LINE WORKSなどでも個人アカウント利用の制御が可能です。

アプリケーションやMicrosoft 365の利用状況を可視化

全てのアウトバンドトラフィックとMicrosoft 365の利用状況を可視化します。認可/非認可のSaaSアプリケーションの利用状況やセキュリティイベントを追跡できるようになります。

アプリケーションの可視化

  • 各拠点のクラウドアクセスプロキシ(クラウドプロキシ)を通過するアプリケーショントラフィックを可視化できます。
  • SaaS を中心とした3,200 種類を超えるアプリケーションの利用状況を可視化します。

Microsoft 365利用状況の把握

  • クラウド/オンプレミス両方のMicrosoft 365ユーザのログイン情報や利用状況を可視化します。
  • SharePoint/OneDrive のファイル共有状況を可視化します。
  • 監査ログに基づくユーザのアクティビティやファイル共有状況をアプリケーションレベルで可視化します。

シャドーIT 対策

  • 社内での利用が許可/ 非許可のアプリケーションのトラフィック量を可視化します。

拠点でのネットワーク回線のオフロード
ローカルブレークアウト

Microsoft 365などのSaaS宛通信のみを拠点から直接インターネットに振分け、それ以外のトラフィックはこれまで通りWANを経由してデータセンターからインターネットに接続することが可能です。
これによりWANや従来のインターネット回線に集中する通信をオフロードし、拠点およびWANでの快適なインターネットアクセスを実現します。

ローカルブレークアウト イメージ

ブレイクアウト方式の比較

  A10ネットワークス 他社ADC製品 UTM製品 SD-WAN
センターブレイクアウト ×
ローカルブレークアウト
(プロキシチェインも可)
×
(専用モデル無)

(プロキシチェイン不可)
パフォーマンス ×
トラフィック制御
(URL/ドメイン/IPベース)

(URL/ドメイン/IPベース)

(IPベースが主流で、CDNが利用される大多数のクラウドサービスへのリアルタイムでの追随が難しい)

(アプリケーション識別やIPベース、トラフィック制御の精度が必ずしもよくない)
セキュリティ機能
(L4/L7 FW、URLフィルタ)
×
(多くの場合FWのみ)
テナント制限
(標準機能)

(追加オプション)
×
(パフォーマンス懸念)
×
(機能的に不可能)

A10を今すぐ試す