A10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)、アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI)およびOPSWAT JAPAN株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:皆川 文哉、以下OPSWAT(オプスワット))は、自治体における暗号化通信に対するWebフィルタリング・ファイルの無害化・ウィルススキャンに最適化された連携ソリューションを、本日より提供開始することを発表します。

提供背景

現在全国の自治体は、総務省が公開した「自治体情報システム強靭性向上モデル」に準拠するシステム刷新を進めています。このモデルにおけるセキュリティ対策の中には、Webアクセスおよびインターネットやメール経由で入手したファイルに対する無害化要件が含まれます。

また、インターネット通信の暗号化が一般的となり、新型コロナウイルス感染症対策やクラウド・バイ・デフォルトの推進などでクラウドアプリケーションの活用が高まる中では、急増する暗号化通信に潜むサイバー攻撃の脅威に対応するために、処理負荷のかかる暗号化通信の復号を実施した上で無害化を講じる必要があります。

連携ソリューションの詳細

このたび3社は、A10の「A10 Thunder CFW」、ALSIの「InterSafe WebFilter」およびOPSWATの「MetaDefender Core」による連携ソリューションに関して、「自治体情報システム強靭性向上モデル」に準拠する形で技術検証を完了しました。本連携ソリューションは、自治体や官公庁を含む、高いセキュリティ要件が求められる組織や企業向けに、本日より提供開始します。

A10は国内のSSL可視化市場で4年連続シェア1位(※1)を獲得しており、A10のセキュリティプラットフォーム「A10 Thunder CFW」は暗号化通信の復号・再暗号化に最適化された独自のアーキテクチャーにより、通信速度に影響を与えることなく暗号化通信を可視化することができます。

「A10 Thunder CFW」と、16年連続マーケットシェアNo.1(※2)を誇り、高精度なデータベースとクラウド分析に基づいたWebフィルタリングを提供するALSIの「InterSafe WebFilter」および、世界の重要インフラ企業への導入実績を持ち、柔軟に制御可能なファイル無害化(Deep CDR ※3)とマルチスキャンエンジン(※4)による既知・未知の脅威検出を提供するOPSWATの「MetaDefender Core」を連携させることで、暗号化通信を経由する不正サイトへのアクセス防止とファイルの無害化、脅威の検出を実現します。

本連携ソリューションは、既存のセキュリティソリューションはそのままで導入いただくことができ、インターネットやLGWAN経由で入手したファイルのマクロの除去やハイパーリンクをリンク先の情報に自動で置き換えるなど、自治体の無害化要件に準拠するための柔軟な運用方法が取れます。

連携ソリューションによるセキュリティ強化の流れ

  1. A10 Thunder CFW(A10)のSSLインサイト機能が、SSL/TLS通信を平文へ復号
  2. InterSafe WebFilter(ALSI)が、平文化されたHTTP/SリクエストにURLカテゴリフィルタを適用
  3. MetaDefender Core(OPSWAT)が、平文化されたダウンロード通信にファイル無害化(Deep CDR)およびウィルススキャン(マルチスキャン)を適用
  4. A10 Thunder CFW(A10)のSSLインサイト機能が、SSL/TLS通信に再暗号化

連携ソリューションのイメージ図

連携ソリューションのイメージ図

提供方法

本連携ソリューションは、3社の販売パートナーを通じて、本日より提供開始します。詳細は、各社にお問い合わせください。

連携ソリューションに関する共催オンラインセミナーの開催

今後3社は、共催セミナーなどの取り組みを通じて、本連携ソリューションの全国の自治体へ訴求してまいります。直近では9月1日に、本連携ソリューションの求められる背景と特徴を紹介する共催オンラインセミナーを以下のように実施します。

日時 2020年9月1日(火)14:00~15:00
タイトル 新「自治体システム強靭化」ネットワーク構築とセキュリティ対策 ~クラウド活用やリモートワーク推進に向けた無害化要件への対応~
主催 A10ネットワークス、アルプスシステムインテグレーション、OPSWAT

関連情報

A10ネットワークス:暗号化通信可視化ソリューション

(※1)「ITR Market View:サイバー・セキュリティ対策市場2020」 SSL可視化市場:ベンダー別売上金額シェア(2016~2019年度予測)

(※2)各種調査機関のデータをベースにしたALSI調べ

(※3)Deep CDR: コンテンツの非武装化と再構築。オフィスファイル、一太郎、PDF、画像、CAD、アーカイブなど様々なファイルに対応したファイル無害化ソリューション

(※4)マルチスキャンエンジン:グローバルで実績のあるアンチマルウェアエンジンを最大で34種類統合したパッケージ(2020年8月現在)

A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について

A10 Networks(NYSE: ATEN)は、サービス事業者やクラウド事業者および企業で利用される5Gネットワークやマルチクラウドアプリケーションのセキュリティを確保します。高度な分析や機械学習、インテリジェントな自動化機能により、ミッションクリティカルなアプリケーションを保護し、信頼性と可用性を担保します。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界117か国のお客様にサービスを提供しています。

A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。

詳しくはホームページをご覧ください。

アルプス システム インテグレーション株式会社について

アルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI〔アルシー〕)は、電子部品と車載情報機器の総合メーカー アルプスアルパイン株式会社のグループ会社として、1990年に設立しました。製造業の現場で培った「ものづくり」の思想を原点に、「デジタルソリューション」「セキュリティソリューション」「ファームウェアソリューション」「IoTソリューション」を展開しています。「InterSafe WebFilter」は、URLデータベースに基づいてWebアクセスをコントロールし、不正サイトへのアクセスやファイルアップロードをブロックする国産Webフィルタリングソフトです。国内最大クラスとなる148のフィルタリングカテゴリ、網羅率98%を有する高精度URLデータベースと、未知のURLをクラウドで判定する「高度分類クラウド」によりセキュリティリスクを極小化し、安全なWebアクセス環境を提供します。

URL:https://www.alsi.co.jp/security/is/

OPSWAT JAPAN株式会社について

2002年に設立したOPSWAT は、ファイル無害化とマルチスキャンのリーディングカンパニー として、世界の重要インフラをはじめ1500以上の組織へセキュリティソリューションを提供しています。日々高度化・巧妙化するサイバー攻撃から組織を守るために、ゼロトラストの理念 「Trust no file. Trust no device.」(如何なるファイルもデバイスも信用しない)のもと研究開発を続け、世界350社以上のテクノロジー、チャネルパートナーと共に製品・ソリューションを提供しています。

OPSWAT Japan株式会社は、OPSWAT のグローバル展開フェーズにおいて子会社として2018年に設立され、自治体・教育委員会をはじめ政府、製造、エネルギー、ヘルスケアなどエンタープライズのお客様へパートナー様との協業・連携により、付加価値のあるサイバーセキュリティソリューションを提供しております。詳しくはホームページをご覧ください。

URL:https://www.opswat.jp/

A10 ロゴ、A10 Networksは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。

お問い合わせ
  • A10ネットワークス株式会社
  • ビジネス開発本部 マーケティング部
  • 03-4520-5700
  • jinfo@a10networks.com