DXによる抜本的な業務効率化や働き方改革の実現を目指し、Microsoft Office 365によるコミュニケーション基盤の導入を決定した由利本荘市。

「三層分離」の原則を守りながらコミュニケーション基盤の利活用とセキュリティ確保を実現するため、αモデルの概念を維持したままLGWAN 環境からMicrosoft Office 365 利用を可能にした由利本庄市モデルをご紹介します。

2021年6月23日 11:00~12:00

オンライン開催

日   時
: 2021年6月23日 11:00~12:00
開 催 形 式
: Zoomによるオンラインセミナー
参 加 費
: 無料
参加対象者
: 自治体関係者様または自治体に提案を行うインテグレーター様

プログラム

第1部(仮) LGWAN から直接 Office 365 を利用可能に。
三層分離の課題を解決し、「2040 問題」に備える "由利本荘市モデル"
日本マイクロソフト
第2部

「三層分離」の課題を解決し、Office 365へのセキュアな通信経路を確保するA10 Thunder CFW


多くの自治体ではLGWAN接続系に職員端末が配置されており、情報セキュリティを守るための三層分離が自治体でのクラウドサービス活用を困難にしてしまう側面があります。

この講演では由利本荘市様の事例を基に、A10 Thunder CFWを用いてLGWAN接続系に配置された職員端末からOffice 365へのセキュアな通信経路を確保することで、クラウドサービスを活用してDXを実現したソリューションについて紹介します。

このソリューションでは、A10 Thunder CFWが職員端末からの通信の宛先ドメイン名を検査し、Office 365向けの通信のみを許可します。

さらに、テナント制限機能により、利用が許可されていないアカウントでのOffice 365のアクセスを制限でき、情報漏えいなどを防ぐこともできます。

A10ネットワークス
第3部 Q&A

セミナー講師


日本マイクロソフト株式会社
ソリューションアーキテクト 石塚健太郎
A10ネットワークス株式会社
ソリューションアーキテクト
石塚 健太郎