最新情報

【年頭所感】DX・5G時代において信頼できるアプリケーション環境を提供するセキュリティベンダーに

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

A10ネットワークスは、アプリケーションサービスゲートウェイ「A10 Thunderシリーズ」を日本市場で展開しており、2019年は270社を超える新規のお客様を獲得し、国内の売り上げはグローバルにおける約4分の1を超える水準にまで上りました。

2020年においても、A10 Thunderシリーズを通じて信頼できるアプリケーション環境を提供すべく、セキュリティ・5G・クラウドにフォーカスして、日本のお客様への支援を継続いたします。

セキュリティ ― 企業のDXの支えとなるセキュリティソリューションの展開

最新テクノロジーを活用したデジタルトランスフォーメーションが推進される中、新たなセキュリティリスクが発生し、セキュリティの重要性も高まっています。

A10は、Office 365などのクラウドアプリケーション利用によるトラフィックの増大や可視化に対応する「クラウドプロキシソリューション」や、暗号化通信を悪用した攻撃に対応する「SSL可視化ソリューション」を、国内市場にいち早く投入し、多くの国内企業に導入いただいてまいりました。また、DDoS攻撃対策ソリューションについても、最新の機械学習機能を追加するなど、一段上の機能拡張を進めております。

2020年も、継続して企業の変革を支えるためのセキュリティソリューションの展開に注力してまいります。

5G ― ローカル5Gに対する5G対応ソリューションの訴求

2020年は、いよいよ通信事業者による5Gの商用サービスが開始され、さらには企業や自治体によるローカル5Gの取り組みも活発化することが見込まれます。

オリンピック東京大会も目前に控え、情報通信量の本格的な増大を迎えます。昨年もラグビーワールドカップ期間中には5Gをベースとした試用サービスも展開され、多くの効用、メリットが享受されました。

A10は市場に先駆けて5G対応の取り組みを開始しており、既に一昨年より、多くのお客様の実用化に向けた製品やサービスへ適用いただいています。2020年は、日本も含む世界の通信事業者の基幹ネットワークに採用された実績を持つ、拡張性と低遅延、俊敏性、セキュリティを兼ね備えた5G対応ソリューションを、ローカル5G向けにも提供してまいります。

クラウド ― マルチクラウド環境でのPolynimbus(ポリニンバス)アプリケーションサービスの実現

企業が複数クラウドを活用することが当たり前になりつつなる中、A10は、マルチクラウド環境でアプリケーションのセキュリティや信頼性、俊敏性を満たす運用モデルとして「Polynimbusアプリケーションサービス」という構想を提唱しています。

企業のマルチクラウド戦略を支援すべく、A10 Thunder シリーズを主要クラウドやコンテナ、ベアメタル、仮想環境など様々なフォームファクタに対応させたり、可搬性の高い柔軟なライセンス形態を用意したりするなど、マルチクラウド環境に最適なソリューション戦略を推進してまいります。

2020年が皆様にとってさらなるご繁栄の一年となりますよう、心からお祈り申し上げます。

A10ネットワークス株式会社 日本法人代表 兼 社長 米国本社バイスプレジデント兼務
川口 亨

A10ネットワークス株式会社 日本法人代表 兼 社長 米国本社バイスプレジデント兼務 川口 亨