IPv4枯渇対策/IPv6移行(Thunder CGN)

最高クラスのハイパフォーマンスIPv4枯渇対策/ IPv6移行テクノロジー

Thunder CGN

A10 Networks® Thunder® CGN製品ラインは、パフォーマンスに優れた透過性の高いアドレス・プロトコル変換を可能にするキャリアグレードのネットワークゲートウェイです。サービスプロバイダーや企業はThunder CGNを使用することにより、IPv4ネットワークの接続性を拡張しながらIPv6への移行を進めることができます。Thunder CGNは弊社最高のCGN製品ラインで、最大155 Gbpsのパフォーマンススケーラビリティだけでなく、多様なフォームファクター(物理、仮想およびハイブリッド)の選択や分散型サービス拒否(DDoS)攻撃からの統合的な防御を実現します。

Thunder CGN製品ラインは、A10独自のAdvanced Core Operating System(ACOS®)プラットフォームをベースに構築されており、SSMP(Symmetric Scalable Multi-Core Processing)ソフトウェアアーキテクチャーによって企業と通信事業者のネットワークの高いパフォーマンスと幅広い導入オプションを提供します。

  • IPv4の接続性を拡張:現在のネットワークの多くは帯域幅を拡張可能ですが、インターネット接続デバイスの急速な増加により、使用可能なIPv4アドレスは枯渇しています。サービスプロバイダーや企業は接続拡大のニーズに対応する必要が迫られている一方、いますぐIPv6に移行することはできません。キャリアグレードNAT(CGN/CGNAT)は標準化されたIPv4変換技術で接続性を拡張できるため、既存のIPv4アドレスの割り当てとIPv4ベースのインフラストラクチャーへの投資を保護できます。また、既存のIPv4ベースのインフラストラクチャーを延命してコストを削減できるだけでなく、IPv6への移行戦略を策定する時間的余裕もできます。
  • 幅広い移行オプション:Thunder CGN製品ラインは、スムーズなIPv6ネットワークへの移行を実現する豊富な移行技術をサポートしています。IPv6移行技術によって、組織のアプリケーションとユーザーはIPv4とIPv6どちらのプロトコルを使用してもインターネットにアクセスできます。また、多様なIPv6移行技術が提供されるため、IPv6ネットワークへの移行に対するさまざまなニーズに同時に対応できます。単一のハイパフォーマンスなプラットフォームで複数の移行技術が提供されるため、コスト効果の高い移行を実現できます。
  • アプリケーションの信頼性:Thunder CGN製品ラインでは、アプリケーションレイヤーゲートウェイ(ALG)などの機能によって信頼性の高い接続を確立できるため、アプリケーションは使用可能な状態が維持され、アドレス変換によってトランスペアレントに運用できます。高可用性(HA)によりフェイルオーバー中も確立されたセッションが維持されるため、エンドユーザーは問題の発生を意識することはありません。Thunder CGNは信頼性に優れているだけでなく、コスト効果の高いソリューションを提供できるため、SLA(サービスレベルアグリーメント)を遵守し、目標とするユーザー満足度を達成できます。

A10 Thunder CGNにより、ハードウェアとソフトウェアをベースにした最も効率的なフォームファクターで重要なサービスを提供できます。また、Thunder CGN製品ラインでは、ラックスペースの使用も効率化されます。コンパクトなフォームファクターでハイパフォーマンスが実現されるため、消費電力と冷却要件を低く抑えて運用コストを削減することができます。

データシートダウンロード

製品に関するお問い合わせ

アーキテクチャーと主なコンポーネント

CGNAT導入オプション

IPv6移行の導入オプション

  • 機能と利点
  • アプライアンス
  • 製品仕様
  • 関連資料

A10 Thunder CGNの高度な機能により、通信事業者や企業はIPv4の接続を拡張しながらIPv6インターネットに移行できます。ネットワークアドレスの割り当てやIPv6移行アーキテクチャーは、組織によって大きく異なるため、業界標準を幅広くサポートし、異なるアドレス・プロトコルの変換要件を同時に満たすソリューションが必要です。Thunder CGN製品ラインは、ACOSをベースにしたハイパフォーマンスな物理、仮想、ハイブリッドアプライアンスにより、幅広い標準に準拠したIPv4枯渇対策とIPv6移行を提供します。

IPv4の接続性を拡張

Thunder CGN製品ラインが提供する高度なCGNAT機能では、IPv4アドレスの枯渇を容易に緩和し、IPv4で構築されたネットワークインフラストラクチャーを延命することができます。また、A10のCGNATソリューションは、CGNATを必要とする組織に最適な機能を豊富に備えています。

・高度なCGNAT機能:CGNATでは、アドレスとポートを変換して、既存のパブリックIPv4アドレス空間を再利用する標準ベースのメカニズムが提供されます。これにより、ネットワークの外のルーティング可能なパブリックIPアドレスのプールを使用して、ネットワーク内のプライベートアドレスを変換できます。パブリックIPアドレスに対するプライベートアドレスの使用率が高いため、共有されるパブリックIPv4のアドレス空間の量も多くなります。多数の同時ユーザーに対してCGNATを実行するには、大量のコンピューティングリソースとメモリーリソースを使用してユーザーの状態に関する情報を管理する必要があります。A10 Thunder CGN製品ラインは効率性に優れたACOSプラットフォームアーキテクチャーを採用しているため、効率的なフォームファクターでハイパフォーマンスなCGNAT機能を使用できます。また、1Uサイズのフォームファクターによって最大2億5,600万の同時接続を実現し、優れたセッション確立とティアダウンレートをサポートします。他社ソリューションで同等のパフォーマンスを得るには、複数のアプリケーションブレードを搭載した大型の筐体が必要です。
・高度なログ機能:多くの政府機関は通信事業者に対し、過去一定期間のユーザーによる接続の詳細な追跡を義務付けていますが、CGNATソリューションによりスケールアウトした大規模なIPv4ではこの作業が複雑化します。Thunder CGNでは多くの手法によって詳細なログを作成したり、ログの分量を削減できるため、ログ管理に必要なインフラストラクチャー要件を抑制できます。たとえば、ログ圧縮機能を使用すると、イベントの説明に必要なデータの量を大幅に削減できます。Deterministic NAT、あるいはFixed NATによって変換ログを実質的に排除でき、ユーザー接続の詳細は単純なアルゴリズムで簡単に抽出できます。

幅広い移行オプション

互換性のないIPv6とIPv4であっても、送信元、宛先のIPプロトコルに関係なく、さまざまなソリューションによって完全な接続性を確保することができます。

・普及したプロトコルの接続性:Dual-Stack Lite(DS-Lite)などの移行技術によって、通信事業者はIPv6のみでアクセスできるネットワークを運用し、IPv4のみに対応したデバイスにはソフトワイヤー(トンネル)でIPv6のみのインフラストラクチャーを通してインターネット接続を提供できます。Light Weight 4 over 6(LW4o6)またはIPv6 Rapid Deployment(6rd)でも同様の動作が提供されるため、異なるインターネットプロトコル間でもネットワーク経由でアクセス可能です。
・IPv6クライアントからIPv4コンテンツへのアクセス:IPv6はIPv4と下位互換性がないため、IPv6クライアントの導入は複雑になります。NAT64/DNS64ではIPv6のみに対応したデバイスでIPv4専用コンテンツにアクセスできるため、クライアントからインターネットコンテンツの大部分を利用できこの問題を解消できます。
・段階的な移行のための連携:ネットワークは多くの場合、異なる移行技術を同時に導入する必要があります。Thunder CGN製品では異なる移行技術を同時に導入可能です。たとえば、CGNATでIPv4アドレスの枯渇を緩和してから、NAT64/DNS64を導入してIPv6クライアントからIPv4のインターネットアクセスを実現することもできます。

アプリケーションへの接続性と信頼性

OSI参照モデルのネットワーク層では基本的にアプリケーションとネットワークの動作を分離する必要がありますが、これは必ずしも適切に行えるとは限りません。多くのアプリケーションはネットワークトランスポートの情報に基づいて運用されますが、そのために、ネットワーク部分だけを変換したときに問題が起こる場合があります。また、接続の信頼性は常時利用可能な状態が求められるアプリケーションにとって必要不可欠です。

・CGNATの透過性:Endpoint Independent Mapping(EIM)などの高度なCGNAT機能とヘアピニングによって予測どおりにNATを動作させ、トランスペアレントなエンドユーザーエクスペリエンスを提供します。User Quotaにより、パブリックIPポートの使用をエンドユーザー間で公平に割り当てることができます。これにより、例えば、ウイルスやマルウェアによって、他のユーザーのリソースが消費されるようなことがなくなります。
・アプリケーションレイヤーゲートウェイ(ALG):通信事業者にとって、すべてのアプリケーションサービスとユーザーに接続性を確保することは重要です。CGNATのALGでは、FTP、TFTP、RTSP、PPTP、SIP、ICMP、H.323、ESPおよびDNSなどのプロトコルの機能が維持されます。旧来のNATでは、このレベルの透過性を提供できません。
・ステートフルセッション同期(ヒットレスフェイルオーバー):A10 Thunder CGNをHAモードで導入すると、アクティブなセッションが同期されるため、フェイルオーバーが発生してもセッションを維持することが可能となり、エンドユーザーはフェイルオーバーに気づくことなく通常通り作業が行えます。また、大量のダウンロードを再開する必要がなくなるなどの利点から、ユーザーの満足度が向上します。
また、Thunder CGNアプライアンスは、外部ユーザーにサービスを提供するCGNデバイスに分散型サービス拒否(DDoS)攻撃からの統合的な防御を実現し、大量のマルチベクトル型DDoS攻撃トラフィックを阻止します。統合DDoS防御機能は、すべてのA10 Thunder CGNアプライアンスと本機能に特化したThunder SPEアプライアンスで利用でき、ハードウェア支援によるSecurity and Policy Engine(SPE)を利用して、超高速でセキュリティポリシーを実行します。CGNソフトウェアおよびハードウェア機能は、最大のネットワークリソースアップタイムを保証しながら加入者トラフィックを処理する ことが可能です。

A10 Thunderシリーズはあらゆる導入のニーズに対応可能な、ハードウェア/ソフトウェアアプライアンスで構成される製品ファミリーです。ThunderシリーズはACOSソフトウェアで動作し、他社製品にはない、共有メモリーによる正確性、効率性と、64ビットの拡張性、高度なフロー処理を実現します。

対応プラットフォーム

Thunder SPE 物理アプライアンス
Thunder SPE
物理アプライアンス
Thunder CGN 物理アプライアンス
Thunder CGN
物理アプライアンス
vThunder 仮想アプライアンス
vThunder
仮想アプライアンス
Thunder CGN ベアメタル
Thunder CGN
ベアメタル
Thunder HVA ハイブリッド仮想アプライアンス
Thunder HVA
ハイブリッド仮想アプライアンス

Thunder SPEアプライアンスは、最も厳しいアプリケーションネットワーキングおよびセキュリティ要件で、超高速のセキュリティおよびポリシー実行と最大155 Gbpsの高パフォーマンスを実現します。A10の画期的なSecurity and Policy Engine(SPE)により高速なセキュリティおよびポリシー施行機能、高度なFlexible Traffic Acceleration(FTA)テクノロジー、高速ルックアップ機能が提供されます。また、Thunder SPEは、セキュリティおよびポリシー実行の拡張機能に対応する最新型の構成を採用しています。高可用性を確保するため、すべてのモデルは冗長電源やSSD(ソリッドステートドライブ)などの機能を備え、故障の可能性がある可動部品をすべて排除しています。1 Gbps、10 Gbps、40 Gbpsおよび100 Gbpsポートオプションで構成される高密度インターフェイスによりラックユニットあたりで最高パフォーマンスが実現し、最高レベルの「80 PLUS™Platinum」認定を受けた電源供給により環境に配慮しながら電力コストを削減できます。

ThunderシリーズのハードウェアCGNアプライアンス製品ラインはエントリーレベルの30 Gbpsからハイパフォーマンスな155 Gbpsまで、幅広いアプライアンスが用意されているため、どんなに厳しい要件にも対応でき、あらゆる規模のネットワークに導入できます。高可用性を確保するため、すべてのモデルは冗長電源やSSD(ソリッドステートドライブ)などの機能を備え、故障の可能性がある可動部品をすべて排除しています。すべてのモデルでFlexible Traffic Acceleration(FTA)テクノロジーを採用しているほか、Field Programmable Gate Array(FPGA)が搭載されたモデルでは、ハードウェアによって最適化されたフローディストリビューションと、スイッチング・ルーティングプロセッサーによるハイパフォーマンスなネットワーク処理が提供されます。すべてのアプライアンスでラックユニットあたり業界最高のパフォーマンスが確保され、電源は最高レベルの「80 PLUS™ Platinum」認定を受けているため、環境にやさしく、電力コストも削減できます。また、1Gbps、10Gbps、40Gbps、および100Gbpsの高密度のポートオプションにより、Thunder CGNアプライアンスは極めて高いネットワーク帯域幅要求にも対応できます。

vThunder仮想アプライアンス製品ラインは、仮想インフラストラクチャーに柔軟かつ簡単に導入できるIPv4枯渇対策とIPv6移行ソリューションのニーズに応えるために開発されました。CGNATのすべての機能を備えたvThunderのインスタンスは、ユーザーが選択した一般的なハードウェアやハイパーバイザー(VMware ESXi、KVMなど)に統合して実行できます。

vThunder

Thunder CGN for Bare Metal

A10 Thunder CGN for Bare Metalは、拡張性に優れたCGNATと包括的なIPv6移行技術を特長とするソフトウェアプラットフォームです。A10 Thunder CGNと同じハイパフォーマンスの64ビットアーキテクチャーと高度な機能、ACOSのインターフェイスを使用できるため、サービスのアジリティが向上します。
A10 Thunder CGN for Bare Metalを導入すると、大企業や信事業者は必要に応じてサーバーのパフォーマンスをアップグレードできるため、IPv4 / IPv6の互換性の問題によるビジネスの中断を回避できます。

A10 Thunder HVAアプライアンスでは、仮想アプライアンスの柔軟性とハードウェアによるパフォーマンスを同時に提供されます。専用のハードウェアアプライアンス上で実行されておりすぐに利用可能な複数のvThunderによって、マルチテナント環境を簡単に導入できます。高い集約率で実行されるインスタンスはそれぞれ完全に分離されており、専用のACOSインスタンスとコンピューターリソースを備えています。vThunder ADCのすべてのインスタンスは、HVAアプライアンスにプリインストールされています。

Thunder HVA

そのほかにも、Thunderシリーズのインフラストラクチャーを強化するための管理オプションが提供されます。A10 aGalaxy®ハードウェア/ソフトウェアアプライアンス製品ラインでは、すべてのThunderシリーズハードウェアおよびソフトウェアアプライアンスを一元管理できるため、運用が効率化され、運用コストも削減できます。

Thunder CGN

  Thunder
3030S
Thunder
3230(S)
Thunder
3430(S)
スループット 30 Gbps 30 Gbps 42 Gbps
パケット/秒(PPS) 600万 2,000万 3,500万
セッションセットアップ/秒 110万 180万 210万
フルTCPコネクション/秒 43万7,000 89万1,000 100万
同時セッション数 6,400万 6,400万 1億2,800万
アプリケーションデリバリーパーティション(ADP)L3V 64 64 127
ネットワークインターフェイス
1GEカッパー 6 0 0
1GEファイバー(SFP) 2 4 4
1GE/10GEファイバー(SFP+) 4 4 4
40GEファイバー(QSFP+) 0 0 0
管理インターフェイス
Lights Out Management
コンソールポート
ソリッドステートドライブ(SSD)
プロセッサー(Intel Xeon) 4-core 4-core 6-core
メモリー(ECC RAM) 16 GB 16 GB 32 GB
ハードウェアアクセラレーション
64ビット分散アーキテクチャー
フレキシブルトラフィックアクセラレーション ソフトウェア FTA-4 FPGA x 1 FTA-4 FPGA x 1
スイッチング/ルーティング ソフトウェア ハイブリッド*2 ハイブリッド*2
消費電力 (通常/最大)*1 131W / 139W 190W / 240W 210W / 260W
発熱量(BTU/h)(通常/最大)*1 447 / 474 648 / 819 717 / 887
電源(DCオプションあり) デュアル 600W RPS デュアル 600W RPS デュアル 600W RPS
AC100 ~ 240V, 50 ~ 60Hz, 80 PLUS「Platinum」認定の電力変換効率
ファン ホットスワップスマートファン
外形寸法 44.45mm(高さ)、444.5mm(幅)、443.2mm(奥行) 44.45mm(高さ)、444.5mm(幅)、435.61mm(奥行) 44.45mm(高さ)、444.5mm(幅)、435.6mm(奥行)
ラックサイズ(標準19インチラック) 1U 1U 1U
重量*1 9.12 kg 10.43 kg 10.43 kg
動作環境 温度: 0~40°C | 湿度: 5%~95%
規格準拠 FCC Class A、UL、 CE、TUV、CB、VCCI 、 China CCC 、 MSIP 、 BSMI 、 RCM 、 EAC 、 FAC | RoHS 、FIPS 140-2*3 FCC Class A^、UL^、 CE^、TUV^、CB^、VCCI^ 、 China CCC^ 、 BSMI^ 、 RCM^ | RoHS^ FCC Class A^、UL^、 CE^、TUV^、CB^、VCCI^ 、 China CCC^ 、 BSMI^ 、 RCM^ | RoHS^ 、FIPS 140-2^|*3

*1 標準構成時。SSLアクセラレーションASIC の搭載数により異なります | *2 専用ハードウェアはないが、FTA-4 FPGA がスイッチング/ ルーティング機能を処理 | *3 FIPS モデルの購入が必要 | ^ 認可申請中

  Thunder
4430(S)
Thunder
5330(S)
Thunder
5430(S)-11
スループット 38 Gbps 78 Gbps 77 Gbps
パケット/秒(PPS) 3,900万 4,700万 5,000万
セッションセットアップ/秒 210万 310万 310万
フルTCPコネクション/秒 100万 120万 160万
同時セッション数 1億2,800万 1億2,800万 2億5,600万
アプリケーションデリバリーパーティション(ADP)L3V 127 127 1,023
ネットワークインターフェイス
1GEカッパー 0 0 0
1GEファイバー(SFP) 0 0 0
1GE/10GEファイバー(SFP+) 16 8 16
40GEファイバー(QSFP+) 4 0 4
管理インターフェイス
Lights Out Management
コンソールポート
ソリッドステートドライブ(SSD)
プロセッサー(Intel Xeon) 6-core 10-core 10-core
メモリー(ECC RAM) 32 GB 32 GB 64 GB
ハードウェアアクセラレーション  
64ビット分散アーキテクチャー
フレキシブルトラフィックアクセラレーション FTA-3 FPGA x 1 FTA-4 FPGA x 1 FTA-3 FPGA x 2
スイッチング/ルーティング ハードウェア ハイブリッド*2 ハードウェア
消費電力 (通常/最大)*1 266W / 319W 210W / 260W 288W / 345W
発熱量(BTU/h)(通常/最大)*1 908 / 1,088 717 / 887 983 / 1,178
電源(DCオプションあり) デュアル 600W RPS デュアル 600W RPS デュアル 600W RPS
AC100 ~ 240V, 50 ~ 60Hz, 80 PLUS「Platinum」認定の電力変換効率
ファン ホットスワップスマートファン
外形寸法 44.45mm(高さ)、431.8mm(幅)、624.8mm(奥行) 44.45mm(高さ)、444.5mm(幅)、435.61mm(奥行) 44.45mm(高さ)、431.8mm(幅)、624.8mm(奥行)
ラックサイズ(標準19インチラック) 1U 1U 1U
重量*1 11.43 kg 10.43 kg 11.61 kg
動作環境 温度: 0~40°C | 湿度: 5%~95%
規格準拠 FCC Class A、UL、 CE、TUV、CB、VCCI 、 China CCC 、 MSIP 、 BSMI 、 RCM | RoHS 、FIPS 140-2*3 FCC Class A^、UL^、 CE^、TUV^、CB^、VCCI^ 、 China CCC^ 、 BSMI^ 、 RCM^ | RoHS^ FCC Class A、UL、 CE 、 TUV 、 CB、VCCI 、 China CCC 、 MSIP 、 BSMI 、 RCM | RoHS 、FIPS 140-2

*1 標準構成時。SSLアクセラレーションASIC の搭載数により異なります | *2 専用ハードウェアはないが、FTA-4 FPGA がスイッチング/ ルーティング機能を処理 | *3 FIPS モデルの購入が必要 | ^ 認可申請中

  Thunder
5630(S)
Thunder
6430(S)
Thunder
6630(S)
スループット 76 Gbps 150 Gbps 155 Gbps
パケット/秒(PPS) 8,500万 7,800万 1億
セッションセットアップ/秒 590万 520万 750万
フルTCPコネクション/秒 300万 260万 320万
同時セッション数 2億5,600万 2億5,600万 2億5,600万
アプリケーションデリバリーパーティション(ADP)L3V 1,023 1,023 1,023
ネットワークインターフェイス
1GEカッパー 0 0 0
1GEファイバー(SFP) 4 0 0
1GE/10GEファイバー(SFP+) 24 16 12
40GEファイバー(QSFP+) 4 4 0
100GEファイバー(CXP) 0 0 4
管理インターフェイス
Lights Out Management
コンソールポート
ソリッドステートドライブ(SSD)
プロセッサー(Intel Xeon) Dual 8-core Dual 8-core Dual 12-core
メモリー(ECC RAM) 128 GB 128 GB 128 GB
ハードウェアアクセラレーション  
64ビット分散アーキテクチャー
フレキシブルトラフィックアクセラレーション FTA-2 FPGA x 4 FTA-3 FPGA x 4 FTA-3 FPGA x 4
スイッチング/ルーティング ハードウェア ハードウェア ハードウェア
消費電力 (通常/最大)*1 780W / 890W 590W / 680W 995W / 1,150W
発熱量(BTU/h)(通常/最大)*1 2,661 / 3,037 2,013 / 2,320 3,395 / 3,924
電源(DCオプションあり) 2+2 1,100W RPS デュアル 1,100W RPS 2+2 1,100W RPS
AC100 ~ 240V, 50 ~ 60Hz, 80 PLUS「Platinum」認定の電力変換効率
ファン ホットスワップスマートファン
外形寸法 134.62mm(高さ)、429.26mm(幅)、711.2mm(奥行) 44.45mm(高さ)、444.5mm(幅)、762mm(奥行) 134.62mm(高さ)、429.3mm(幅)、711.2mm(奥行)
ラックサイズ(標準19インチラック) 3U 1U 3U
重量*1 32.65 kg 17.69 kg 33.79 kg
動作環境 温度: 0~40°C | 湿度: 5%~95%
規格準拠 FCC Class A、UL、 CE 、 TUV 、 CB、VCCI 、 MSIP^ 、 EAC 、 FAC | RoHS 、FIPS 140-2^ | *3 FCC Class A、UL 、 CE 、 TUV 、CB 、VCCI 、 China CCC 、 MSIP 、 BSMI 、 RCM 、EAC 、 FAC 、NEBS | RoHS 、FIPS 140-2*3 FCC Class A、UL、 CE 、 TUV 、 CB、VCCI 、 MSIP^ 、 EAC 、 FAC | RoHS 、FIPS 140-2*3

*1 標準構成時。SSLアクセラレーションASIC の搭載数により異なります | *2 専用ハードウェアはないが、FTA-4 FPGA がスイッチング/ ルーティング機能を処理 | *3 FIPS モデルの購入が必要 | ^ 認可申請中

Thunder SPE

  Thunder 5435(S) SPE Thunder 6435(S) SPE Thunder 6635(S) SPE
スループット 77 Gbps 155 Gbps 155 Gbps
パケット/秒(PPS) 5,000 万 1億 1億
セッションセットアップ/秒 350万 750万 750万
フルTCPコネクション/秒 160万 320万 320万
同時セッション数 2億5,600万 2億5,600万 2億5,600万
選択的動的フィルタリングレート(PPS)^ 1億1,200万 2億2,400万 2億2,400万
選択的動的フィルターハードウェアエントリー 256,000 256,000 256,000
アプリケーションデリバリーパーティション(ADP)L3V 1,023 1,023 1,023
ネットワークインターフェイス
1GEカッパー 0 0 0
1GEファイバー(SFP) 0 0 0
1GE/10GEファイバー(SFP+) 16 16 12
40GEファイバー(QSFP+) 4 4 0
100GEファイバー(CXP) 0 0 4
管理インターフェイス
Lights Out Management
コンソールポート
ソリッドステートドライブ(SSD)
プロセッサー(Intel Xeon) 10-core Dual 12-core Dual 12-core
メモリー(ECC RAM) 64 GB 128 GB 128 GB
ハードウェアアクセラレーション
64ビット分散アーキテクチャー
フレキシブルトラフィックアクセラレーション 2 x FTA-3 + FPGA 4 x FTA-3 + FPGA 4 x FTA-3 + FPGA
セキュリティ&ポリシーエンジン ハードウェア ハードウェア ハードウェア
スイッチング/ルーティング ハードウェア ハードウェア ハードウェア
消費電力(通常/最大)* 400W / 480W 620W / 710W 995W / 1,150W
発熱量(BTU/h)(通常/最大)* 1,365 / 1,638 2,116 / 2,423 3,395 / 3,924
電源 (DCオプションあり) デュアル 1,100W RPS デュアル 1,100W RPS 2+2 1,100W RPS
AC100~240V, 50~60Hz, 80 PLUS「Platinum」認定の電力変換効率
ファン ホットスワップスマートファン
外形寸法 44.45mm(高さ)、444.5mm(幅)、762mm(奥行) 44.45mm(高さ)、444.5mm(幅)、762mm(奥行) 134.62mm(高さ)、429.26mm(幅)、711.2mm(奥行)
ラックサイズ(標準19インチラック) 1U 1U 3U
重量* 16.1kg 17.69kg 33.79kg
動作環境 温度: 0~40°C | 湿度: 5%~95%
規格準拠 FCC Class A、UL 、CE 、TUV 、CB 、VCCI 、China CCC 、BSMI 、RCM 、NEBS | RoHS 、FPIS 140-2 FCC Class A、UL 、CE 、TUV 、CB 、VCCI 、China CCC 、BSMI 、RCM 、NEBS | RoHS 、FPIS 140-2 FCC Class A、UL 、CE 、TUV 、CB 、VCCI 、EAC 、FAC | RoHS 、FIPS 140-2

^ 1 秒あたりのパケット数。ハードウェアベースの選択的動的フィルタリング機能は、Thunder CGN SPEファミリーで利用可能
* 標準構成時。SSLアクセラレーションASIC の搭載数により異なります | ‡ 認可申請中。FIPS モデルの購入が必要

Thunder HVA

  Thunder 3030S HVA Thunder 3530S HVA
vThunder仮想アプライアンスインスタンス数
(インストール済みのためライセンス不要)
8 40
ネットワークインターフェイス
1GEカッパー 6 4
1GEファイバー(SFP) 2 2
1GE/10GEファイバー(SFP+) 4 12
管理インターフェイス
Lights Out Management
コンソールポート
ソリッドステートドライブ(SSD)
プロセッサー(Intel Xeon) 4-core Dual 10-core
メモリー(ECC RAM) 32 GB 128 GB
ハードウェアアクセラレーション
64ビット分散アーキテクチャー
フレキシブルトラフィックアクセラレーション ソフトウェア ソフトウェア
スイッチング/ルーティング ソフトウェア ソフトウェア
SSLアクセラレーションASIC(SR-IOV有効) シングル クアッド
消費電力(通常/最大) 131W / 139W 380W / 476W
発熱量(BTU/h)(通常/最大) 447 / 474 1,297 / 1,624
電源(DCオプションあり) デュアル 600W RPS デュアル 750W RPS
AC100~240V, 50~60Hz, 80 PLUS「Platinum」認定の電力変換効率 AC100~240V, 50~60Hz, 80 PLUS「Gold」認定の電力変換効率
ファン ホットスワップスマートファン ホットスワップスマートファン
外形寸法 44.45mm(高さ)、444.5mm(幅)、443.2mm(奥行) 44.45mm(高さ)、438.2mm(幅)、579.1mm(奥行)
ラックサイズ(標準19インチラック) 1U 1U
重量 9.12kg 13.43kg
動作環境 温度: 0~40°C | 湿度: 5%~95%
規格準拠 FCC Class A、UL、CE、TUV、CB、VCCI 、China CCC 、BSMI、RCM 、GOST-R 、FAC

認可申請中

vThunder CGN

  vThunder CGN
スループット 最大 20 Gbps
ハイパーバイザーのサポート VMware vSphere ESXi 4.1 以上
KVM 0.14 以上
Windows Server 2008 以上の Microsoft Hyper-V
ハードウェア要件 インストールガイド参 照
ライセンス 価格、帯域幅およびハイパーバイザーによってバージョンが異なります。
エントリーレベル / ラボ用:200 Mbps および 1 Gbps
高パフォーマンス用:4 Gbps 、8 Gbps、10 Gbps および 20 Gbps

Thunder CGN for Bare Metal

  Thunder CGN for Bare Metal
スループット 最大40Gbps
システム要件
最小ハードウェア要件
  • Intel x86ベースCPU、最小4コアおよび16~24 GB RAM/コア
  • 80 GBのHDD容量
  • ACOSは、幅広い Intel チップセットと次の Intel ドライバーをサポート:e1000e、igb、ixgbe、およびi40e
最大CPUコアサポート
  • 10 Gbps (4コア)、20 Gbps (8コア)、および40 Gbps (14コア)
オペレーティングシステム
  • ACOS 4.1以降
基準プラットフォーム Cisco UCS、Dell PowerEdge、Ericsson Hyperscale Datacenter System (HDS)、HPE ProLiantなど。
他の基準プラットフォームと詳細については、インストールガイドを参照してください。
ライセンス 10 Gbps、20 Gbps および 40 Gbps

データシート

ソリューションブリーフ

IPv4枯渇対策に最適なThunder/AXのCGN機能
グローバルIPv4アドレスを複数のユーザーで共有することにより、IPv4アドレスを節約する技術です。ユーザー宅内とサービス提供事業側で多段NATにすることで、保有しているグローバルIPv4アドレスに、より多くのユーザーが接続できるようになります。

IPv4枯渇対策 / IPv6移行トータルソリューション
DS-Liteや6rd、NAT64/DNS64、464XLATにより、IPv4とIPv6の混在環境からIPv6移行後までThunder/AXで幅広くサポートします。

このエントリーをはてなブックマークに追加