aGalaxy

集中管理システム

aGalaxy 集中管理システム

aGalaxy®集中管理システムは、大規模に導入されたThunder®TPSを統合管理し、運用を簡素化します。

ポリシー管理とレポートを統合

すべての管理タスクとレポートを統合し、管理者はすべてのデバイスに一貫したポリシーを簡単に適用できます。

ネットワークのトラブルシューティング

ユーザーエクスペリエンスに影響が及ぶ前に、アプリケーションのパフォーマンスの問題やDDoSを特定して診断し、解決します。

オンデマンドのDDOS緩和コンソール

コンソールから、DDoSの防御テンプレートや個別設定されたポリシーを適用することにより、疑わしい活動をブロックします。

デバイスの集中管理

あらゆるデバイスを集中管理し、SSL鍵や証明書、設定情報、バックアップやアップグレード、リストアなどの操作を一元化します。

リアルタイムダッシュボード

機器の詳細情報や、ネットワークの可用性、使用状況、パフォーマンス、インベントリ、履歴、ログインなどに関するイベントデータや監査ログを取得できます。

アクセス管理

ロールベースのアクセス制御管理とRADIUSやTACACS +による外部認証を設定できます。

AXAPI®、RESTベースのプログラマビリティ

JSONベースのREST APIにより、外部のオーケストレーターやクラウド管理プラットフォームからThunder TPSを制御できます。

他社製品との連携

他社製のDDoS検知システムとの連携により、プロトコルアノマリー、トラフィックの急増、既知のボットからの大量のリクエストなど、DDoS攻撃の明確な兆候を自動的に認識します。

フローベースのDDoS攻撃検知機能*

ルーターなどから送信されるフロー情報を監視して、DDoS攻撃を検知します。他社製品と比較して2倍以上となる500,000フロー/秒の処理性能をもっており、大規模ネットワークの監視にも使用できます。検知した攻撃を防御するための設定を自動的にThunder TPSへ設定することができるため、完全に自動化されたDDoS防御システムを構成できます。(*aGalaxyで本機能を使用する場合は、ハードウェアアプライアンスモデルが必要です。)

データシートダウンロード

製品に関するお問い合わせ

アーキテクチャーと主なコンポーネント

Thunder TPSソリューションによるDDoS対策

Thunder TPSソリューションによるDDoS対策

  • 機能と利点
  • 製品仕様
  • 関連資料

デバイス管理の簡略化

  • リアルタイムの集中管理
  • 構成、バックアップ、リストア
  • 証明書と鍵の取得、保存、展開、期限切れアラートなどのSSL一元管理
  • アップグレードとイメージアップグレードリポジトリーの一元管理
  • リブートおよびシャットダウン機能
  • 構成の展開と比較
  • 取得、保存、展開などのaFleX TCLスクリプト管理

イベント管理、レポーティング

  • 重大度、イベントIDなどによるイベントの分類
  • ネットワークの可用性、使用率、パフォーマンス、インベントリーに関する正確な情報
  • ユーザー名、IPアドレス、ログイン時刻を追跡する、検索可能な監査ログ
  • 複数パネルのデータをリアルタイムのWebダッシュボードに統合
  • 動的なダッシュボード監視
  • ウィザードベースのシステム構成
  • アップタイムの履歴
  • カスタマイズ可能なイベントアラート/アラーム

高度な管理

  • 役割ベースのアクセス制御管理
  • RADIUSとTACACS+をサポートする外部認証
  • 帯域幅とアクセス制限に関するブラックリストとホワイトリスト

* 機能はライセンスされたオプションによって異なります。オプションには、基本デバイス管理、Thunder ADCまたはThunder TPSデバイス管理パックがあります。

aGALAXY 5000 ハードウェアアプライアンス仕様
プロセッサー Intel Xeon 10-Core x2
メモリー 128GB ECC RAM
インターフェイス 1GEカッパ― x 4 + 10GE SFP+ x 4、管理コンソール
重量 16.78kg
外形寸法 8.89 cm (高さ)、444.5 mm (幅)、63.50 cm (奥行)
消費電力 (通常/最大) 210W / 305W
発熱量 (BTU/h) (通常/最大) 717 / 1,041
ラックユニット (マウント可能) 2U
推奨管理デバイス数 Thunderシリーズデバイス 20台
aGalaxy仮想アプライアンス 仕様
推奨管理デバイス数 Thunderシリーズデバイス20台
サポートされるハイパーバイザー VMware ESXi 5.0以上
KVM version 0.14(qemu-kvm-0.14.0)以上
このエントリーをはてなブックマークに追加