Fujitsu Asia Pte Ltd

Fujitsu Asia、ハイパフォーマンスなロードバランシングサービスの提供にA10 Thunder ADCを採用

ASEAN地域における富士通グループのビジネス開発、技術革新、顧客サポートをリードするため、Fujitsu Asia Pte Ltd(. 以下、FAPL)は1997年にシンガポールに設立されました。 同社は2014年にはアジアのヘッドクオーターとなり、「FANICS(Fujitsu Asia eNhanced Information and Communication Services)」によるクラウド型ネットワークサービスの他、情報処理やパッケージソフト、システムソリューション、通信サービスを始めとした様々な製品やサービスを提供しています。FANICSを構成するロードバランシングサービスの基盤として採用されているのがA10ネットワークスの次世代アプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)「Thunder® 1030S ADC」です。

mkicstop.png

teraoka-left.png

" 1台の筐体で提供できる仮想的なADC の数が多く、 仮想ADC 1 台当たりのコストパフォーマンスは同じ価格帯の 他社製品と比べて10 倍以上の差が出るケースもありました。"

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
プラットフォームインテグレーション本部
第三システム部 課長
柴田 隆仁氏

課題:ロードバランシングサービスの標準化

現地企業および海外進出を図る日系企業をサポートするべく、世界各国にデータセンターを展開して いる富士通グループ。そのなかで、成長著しいASEAN地域のヘッドクオーターとしてシンガポールに 1997年に設置されたのがFAPLです。ITインフラやクラウドネットワーキングへのニーズに応えるため、 同社では様々な事業を展開しています。株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(以下、富士通 SSL)プラットフォームインテグレーション本部 第三システム部 課長 柴田 隆仁氏が担当している流通業 の日系企業も海外のデータセンターを活用してクラウドに移行していくことを計画した企業の1つです。

「システムのクラウド化を検討する中で、海外のデータセンター利用を検討することに。そのお客様に最 適なネットワーク環境はどうあるべきか議論する過程で、サーバーの負荷分散に必要なADCの必要性 が話題になりました。しかし、FAPLが展開するデータセンターにはロードバランシングのサービスがそ の当時は存在していなかったのです」。

FAPLでは顧客要望に応え様々なベンダーのADCを導入してきた経緯がありますが、管理を効率化する ためロードバランシングサービスの標準化は以前から望んでいたと当時FAPLでFANICSの販売促進に 携わっていた富士通株式会社 ネットワークサービス事業本部 FENICS事業部 ネットワークサービス部 勝田 圭介氏は振り返ります。

fapl-diagram.png

アジアの顧客に標準化されたロードバランシングサービスを提供するためのアプリケーションデリバリーコントローラーとしてThunder ADCを導入

「実は以前からロードバランシングサービスを提供してほしいというニーズが あったのは事実です。お客さまにワンストップで提供できる環境を整備するとい う、今後のデータセンターサービスを考える上でも、これを機会に標準化され たロードバランシングサービスを提供するべきだと考えたのです」(勝田氏)。 このことが富士通SSLと共にADCを検討するきっかけになりました。

検証:仮想ADC当たりのコストパフォーマンスは10倍以上! 圧倒的な性能が決め手

柴田氏の顧客は以前からADCをネットワークに設置しており、要求に応じた 柔軟な負荷分散機能が提案当初より求められていました。また、コストに対 して意識を高く持っていたため、機能とコストのバランスを重要視したと語り ます。対して勝田氏は、仮想的にロードバランシング機能を顧客ごとに切り分 けるマルチテナント環境が必須だったと考えました。1台の物理的な筐体で 払い出し可能な仮想ADCの数や提供できる機能の豊富さを前提に、コストパ フォーマンスのよい製品を探すことになったと振り返ります。そこで有力候補 に挙がってきたのが、A10ネットワークスの「Thunder 1030S ADC」でした。 「仮想的に複数のパーティションに分割し複数のADCとして稼働させるADP (Application Delivery Partition)機能を持つThunder ADCは、1台の筐体で 提供できる仮想的なADCの数は、同じ価格帯の製品の中でも群を抜いていま す。仮想ADC 1台当たりの性能や機能も考慮したコストパフォーマンスを競合 製品と比べると、最大10倍程度の価格差が生まれる製品もありました。実際 に複数の製品で性能試験を実施しましたが、最適なパフォーマンスを発揮し たのがThunder ADCでした」(柴田氏)。

他にも、すべての機能が追加ライセンスなしで最初から提供されている点も、 今後データセンターの標準サービスとして展開していく上では大きなポイン トになったと勝田氏。「お客様がどんな使い方を望まれるのが未知数でありま すが、用途が広がるに従ってライセンスを買い足していくのは避けたがった。 ライセンスの買い足しのリードタイムを考えると、余計な手間をできる限り最 小限に抑えたいと考えたのです。Thunder ADCであればその懸念も払拭でき ます」(勝田氏)。

ソリューション:ロードバランシングサービスの基盤に求められる 機能をThunder ADCがフルに提供

このように柔軟な提供形態や豊富な機能、パフォーマンスが高く評価された 結果、FANICSで提供されるロードバランシングサービスの基盤にThunder ADCが採用されました。

Thunder ADCに搭載されている独自OS「ACOS®」(Advanced Core Operating System)はハードウェアの性能を最大限に引き出すことができ、コンパクトな ハードウェアであっても高いパフォーマンスを実現します。機能面では、一般 的なロードバランシング機能を持ち合わせていることはもちろん、スケーラブ ルなSSLオフロード機能も重視されました。Thunder ADCでは専用のセキュリ ティプロセッサーによる高速処理が可能な点も柴田氏は高く評価しています。

また、WebベースのGUIや業界標準のCLIだけでなく、DPI(Deep Packet Inspection)技術によってトラフィック管理のルールを詳細に記述できるスク リプト言語「aFleX®」を利用することで、ネットワーク管理者がトラフィックのブ ロックやリダイレクト、そしてコンテンツの修正まで様々なアクションを行え個別 の要求にも容易に応えることができる点も選定ポイントに挙げています。国内 で、別の環境でのThunder ADC構築に成功していたことも、柴田氏の安心材 料になっていました。

FANICSの提供するロードバランシングサービスの基盤として、Thunder ADCは 負荷分散やセキュリティ、aFleXによるトラフィック管理まで必要な機能をすべ て備えています。

導入効果:使いやすさとコンパクト設計が現場から高評価

現在は、FAPLが顧客向けに提供するFANICSサービスの一部であるロードバ ランシングサービスの基盤として「Thunder 1030S ADC」が稼働しており、す でに誰にでも利用できる環境が整えられています。基本的にはサーバー負 荷分散やSSL処理のオフロードが中心となっていますが、SSLインサイト機能 を使って暗号化された通信を復号化し、WAF(Webアプリケーションファイア ウォール)など別のシステムに受け渡してトラフィック分析に活用するといっ た使い方も行われています。

Thunder ADCの評価については、その使い勝手の良さが現場の声として寄せら れています。現在FANICSのサービス開発を担当するFAPL 地域ITサービス開発 部門 ネットワークサービス開発部 リーダーManoj Buddhika Adikari氏は以下 のように語ります。「1Uサイズでコンパクトなのはデータセンターを運営する側 として助かっています。業界標準のCLIを使用すると、他のネットワーク機器と 同じようなコマンド操作で扱うことができるため、Thunder ADCに初めて触れ る現場のネットワークエンジニアも、すんなり理解できました」

サポート面では、さまざまな機能要望や改善の要求に対してレスポンスよく対 応するA10ネットワークスのサポート体制を他の外資系ベンダーとは一味違 うと柴田氏は高く評価しています。特に日本の顧客専任の日本人技術者が本 社に常駐し、現場の要望を研究開発部門へ迅速に伝えることができる体制も サポート品質の良さに繋がっていると分析しています。

今後の展開

今後については、現在データセンター内で稼働しているお客様のADCを、今 回Thunder ADCを使って新たに整備したロードバランシングサービスに切り 替える提案を行っていく計画です。

「グローバル展開を検討するお客様が我々のデータセンターを利用していた だくきっかけになることが多いため、世界中のデータセンターで広域負荷分散 (GSLB)を行いたいというニーズはきっと出てくるはずです。Thunder ADCで あればGSLBに標準対応しているため、必要になればすぐに実装することも可 能です。GSLB機能は非常に重要だと考えています」Adikari氏。

今回のFANICSでの導入をモデルケースとして、データセンター内のクラウド基 盤拡張を計画しているお客様にA10のソリューションを提案することも選択肢 の1つとして考えられると勝田氏。「ロードバランシングのサービスが必要にな れば、A10が有力候補の1つとなってくることは間違いない」と勝田氏は力説し ます。

関連情報

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリについて

ダウンロード

こちらより本事例の資料がダウンロード可能です。
PDFをダウンロードする

関連製品

Thunderハイブリッド仮想アプライアンス (HVA)

Thunder HVAは、データセンターに最適化されたコンパクトな筐体でハイパフォーマンスなハードウェアとソフトウェアを提供しているため、データセンターのアーキテクチャーと運用をシンプルにします。

vThunder仮想アプライアンス

vThunder(旧名称:SoftAX)は、Thunderシリーズアプライアンス...

A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について

A10 Networks(NYSE: ATEN)はアプリケーションネットワーキングおよびセキュリティ分野におけるリーダーとして、高性能なアプリケーションネットワーキングソリューション群を提供しています。お客様のデータセンターにおいて、アプリケーションとネットワークを高速化し可用性と安全性を確保しています。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界各国の拠点からお客様をサポートしています。

A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。

詳しくはホームページをご覧ください。

URL:http://www.a10networks.co.jp/

Facebook:http://www.facebook.com/A10networksjapan

A10 Networks、A10 Harmony、A10ロゴ、A10 Lightning、A10 Thunder、aCloud、ACOS、ACOS Policy Engine、Affinity、aFleX、aFlow、aGalaxy、aVCS、aXAPI、IDaccess、IDsentrie、IP-to-ID、SSL Insight、Thunder、Thunder TPS、UASG、および vThunderは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。

お問合わせ

A10 ネットワークス
ビジネス開発本部 マーケティング部
03-5777-1995
jinfo@a10networks.com