株式会社ケーブルネット鈴鹿

オンラインゲームなど幅広いアプリに対応可能なCGNを構築

三重県鈴鹿市をサービスエリアとして、ケーブルテレビ、電話、インターネット接続サービスを提供する株式会社ケーブルネット鈴鹿。地域密着型の番組と高速なインターネット接続サービス、そしてエリアを限定しているからこそできる充実のサポート体制。その魅力をさらに高めるべくスタートしたのが、光ファイバーを使った高速インターネット接続サービス「CNS光」です。IPv4端末がまだ多く使われる中、数少ないIPv4アドレスを効率よく使ってサービス提供するために、CGN(Carrier Grade NAT)として採用されたのはA10ネットワークスのAXシリーズでした。

CNSイメージ画像

サンプルイメージ

新規獲得が困難なIPv4アドレスを効率的に使い、しかも幅広いアプリケーションに対応可能なCGNを構築できました。
スループット、コストパフォーマンス、あらゆる面で満足しています。

課題:光インターネットサービス開始に向けCGN導入を検討

株式会社ケーブルネット鈴鹿は、鈴鹿市をサービスエリアとしてケーブルテレビ放送、インターネットサービスなどを提供しています。これまでは同軸ケーブルとモデムを使った最高速度160Mbpsのインターネットサービスを提供してきましたが、より高速なネットワークを求める顧客の声に応えるために、光ファイバーを使ったインターネット接続サービスをスタートすることになりました。そこで課題となったのが、IPv4アドレスの枯渇問題です。

「2012年春にIPv4アドレスの新規振り出しが終了し、新たなサービスのための安定的なアドレス供給が困難な状況になりました。しかし、一般家庭にはまだまだIPv6に対応していない機器が数多くあります。数少ないIPv4アドレスをいかに効率よく、多くのお客様に使ってもらえるかが課題でした」

株式会社ケーブルネット鈴鹿 技術部長である小野 浩志氏は課題をそう明かし、新サービス提供に当たってCGNによるIPv4アドレスの効率的な利用が不可欠だったと語りました。しかし、ネットワークにインラインで設置されるCGNは、ネットワークサービス全体の品質をも左右しかねないだけに、選定や導入には慎重にならざるを得なかったと株式会社ケーブルネット鈴鹿 技術部 通信設備グループの水谷 政信氏は語ります。

「グループ会社で既にCGNを導入しているのですが、アプリケーションとの相性で悩まされていると聞いていたのです。いかに速度が速くても、お客様が使いたいアプリケーションを自由に使えなければ意味がありません」

検証:アドレス当たりの収容率とコストパフォーマンス、アプリケーションの透過性が決め手

インテグレーターからの情報を基に、いくつかの機種を候補として比較検討が行なわれました。その結果選ばれたのは、A10ネットワークスのAXシリーズでした。決め手は大きく3つあったと小野氏は振り返ります。

「まず、数少ないIPv4アドレスでできるだけ多くのお客様を集約できる機能を備えていること。将来のトラフィック増にも対応可能な高いスループットでありながら低価格でコストパフォーマンスが高いこと。もうひとつは、SIPやオンラインゲームのようなNAT変換を苦手とするアプリケーションへの対応が優れていることでした」

AXシリーズは透過性の高いFull Cone NATとして動作するほか、データペイロードに含まれるIPアドレスまで変換するアプリケーションゲートウェイ(ALG)機能で幅広いアプリケーションに対応可能な点が評価されました。そのほかにもCGN配下のユーザー間の通信を制御するHair Pinningや、独自のNATポリシーを柔軟に設定できるRule-Listなど、CGNとして活用するための機能がAXには多数搭載されています。

「機種選定後、実際のサービス開始までの期間を利用して、徹底的な動作検証を行ないました。グループ会社で問題になっている30~40種類のアプリケーションを中心にチェックしましたが、ほぼすべてが問題なく利用できたので、安心してサービススタートを迎えられました」

水谷氏は導入時のことをそう語ってくれました。

導入効果:サポート充実のネットワークで光サービスの加入者倍増を目指す

高速ネットワークにAXシリーズのCGN機能を組み込んだ新サービス「CNS光」がスタートしたのは、2013年11月のことです。光ファイバーを使った高速インターネット接続を待ち望んでいたというお客様の声が多く聞かれ、新サービスは歓迎をもって迎えられたと水谷氏は言います。

「中には、光ファイバーの高速な回線を求めて一度は他社に移ったお客様が戻ってくるケースもあります」

これまで以上に高速なネットワークサービスを、ケーブルテレビや電話サービスと合わせて低価格なセット価格で利用できるメニューもあり、ケーブルネット鈴鹿のサービス全体の魅力も向上しました。

「全サービスを合わせた加入者は現在約5万3千5百世帯。そのうちインターネット接続サービスの加入者は約1万2千世帯です。高速で高品質なネットワークを安価で実現し、しかもケーブルテレビと同じように、お客様宅でのセットアップまで行うサービス体制を知っていただければ、もっと多くのお客様にCNS光を利用していただけると期待しています。目標は、インターネット接続契約数の倍増です」

地域に根差したサービスで利用者拡大を目指すケーブルネット鈴鹿を、ハイパフォーマンスなAXシリーズがこれからも支えていきます。

ネットワーク構成図

ネットワーク構成図

AX シリーズについて

A10 ネットワークスのAX シリーズは、業界最高のプライスパフォーマンスを提供する次世代のアプリケーションネットワーキングプラットフォームです。 ハイパフォーマンスで拡張性の高いWeb アプリケーションデリバリーサービスを構成し、アプリケーションの可用性を最大化することによって企業やISP のビジネスをサポートします。 AX の Advanced Core Operating System(ACOS)アーキテクチャは、Scalable Symmetrical Multi-Processing (SSMP)テクノロジを搭載する革新的なOS であり、数々の賞を受賞しています。 設計段階から最適化されたマルチCPU アーキテクチャを持つACOS は、パフォーマンス、拡張性、信頼性において他社製品よりはるかに優れています。 詳しくはこちらのホームページをご覧ください。
https://www.a10networks.co.jp/

ダウンロード

こちらより本事例の資料がダウンロード可能です。
PDFをダウンロードする

関連製品

アプリケーション配信 AXシリーズ

AXシリーズは、パフォーマンス、拡張性、信頼性において他社製品よりはるかに優れている製品で、規模やシステムに合わせて、豊富なモデルからお選びいただけます。

A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について

A10 Networks(NYSE: ATEN)はアプリケーションネットワーキングおよびセキュリティ分野におけるリーダーとして、高性能なアプリケーションネットワーキングソリューション群を提供しています。お客様のデータセンターにおいて、アプリケーションとネットワークを高速化し可用性と安全性を確保しています。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界各国の拠点からお客様をサポートしています。

A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。

詳しくはホームページをご覧ください。

URL:http://www.a10networks.co.jp/

Facebook:http://www.facebook.com/A10networksjapan

A10 Networks、A10 Harmony、A10ロゴ、A10 Lightning、A10 Thunder、aCloud、ACOS、ACOS Policy Engine、Affinity、aFleX、aFlow、aGalaxy、aVCS、aXAPI、IDaccess、IDsentrie、IP-to-ID、SSL Insight、Thunder、Thunder TPS、UASG、および vThunderは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。

お問合わせ

A10 ネットワークス
ビジネス開発本部 マーケティング部
03-5777-1995
jinfo@a10networks.com