最新情報

A10、首都圏上場企業における クラウドグループウェアの利用動向の調査結果を公開

約半数の企業がクラウドグループウェアを導入、
導入企業の約3割がネットワーク負荷による遅延の経験および懸念を有する

調査結果サマリー
  • 「一都三県の100億円以上の売上のある上場企業150社」におけるクラウドグループウェアの導入状況とネットワークにおける課題について独自調査
  • 約半数(46%)の企業がクラウドグループウェアを導入
  • 導入企業の約3割がクラウドグループウェア導入によるアプリケーションの遅延を経験もしくは将来的な遅延を懸念

セキュアアプリケーションサービスにおけるリーディングカンパニーであるA10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)は、首都圏の上場企業150社を対象に実施した、「クラウド型グループウェアの利用動向に関する調査」の結果を公開します。

同調査は、A10が「一都三県の100億円以上の売上のある上場企業150社」のネットワーク担当者にヒヤリングを行ったものです。クラウドグループウェアの導入状況とそれに伴うネットワークにおける問題点を調べるために実施しました。

約半数の企業がクラウドグループウェアを導入済み

近年、様々なITシステムにおいてオンプレミスからクラウドへの移行が進み、特にグループウェアはその親和性の高さから、クラウド型(SaaS)が導入される傾向が強まっています。今回の調査結果により、首都圏の上場企業150社の内、約半数(46%)がクラウドグループウェアを導入していることが分かりました。また、未導入と回答した企業のうち、22%の企業が導入を検討していると回答し、大企業においてもクラウドグループウェアの活用が進んでいることが分かります。

また今回調査を行った中で、最も導入が多かったクラウドグループウェアはMicrosoft Office 365で、導入企業の約3分の1が利用しています。

首都圏上場企業150社におけるクラウドグループウェア導入状況
groupware_survey.png
クラウドグループウェア導入における課題

クラウドグループウェアの導入は、生産性の向上やコストの削減、働き方改革の実現など、様々なメリットがある一方で、社内ネットワークに大きな負荷を与える場合があります。ネットワークへの負荷により、利用しているグループウェアや従来から利用しているアプリケーションの遅延、社内ネットワーク全体のパフォーマンスの低下が発生する可能性があります。

今回クラウドグループウェアを導入していると回答した企業の内、約3割の企業がクラウドグループウェアおよび利用中のアプリケーションの遅延を経験している(12%)、もしくは将来的な遅延の発生を懸念している(23%)と回答しています。また、同じくクラウドグループウェアを導入している企業の内、約2割(16%)の企業は、ネットワーク全体のパフォーマンスの低下を経験していることが分かりました。

クラウドグループウェア導入企業の、遅延発生と懸念に対する状況
groupware_survey_3.png
クラウド型グループウェアの利用動向に関する調査
サンプル数 1都3県における100億円以上の売上を持つ上場企業150社
調査期間 2016年8月~9月
調査方法 ネットワーク担当者への聞き取り調査
調査機関 A10ネットワークス株式会社

A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について

A10 Networks(NYSE: ATEN)はセキュアアプリケーションサービスにおけるリーディングカンパニーとして、高性能なアプリケーションネットワーキングソリューション群を提供しています。お客様のデータセンターにおいて、アプリケーションとネットワークを高速化し可用性と安全性を確保しています。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界各国の拠点からお客様をサポートしています。

A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。

詳しくはホームページをご覧ください。

URL:http://www.a10networks.co.jp/

Facebook:http://www.facebook.com/A10networksjapan

A10 Networks, A10 ロゴ, A10 Thunder, Thunder, ACOS, A10 Harmonyは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。

関連情報

アプリケーション配信(Thunder ADC)

Thunder™ ADC製品ラインは、アプリケーションの高速化に加え、可用性の向上とセキュリティの確保を実現する、ハイパフォーマンスな次世代アプリケーションデリバリーコントローラーです。

SSL可視化/クラウドプロキシ(Thunder SSLi)

SSL可視化とクラウドプロキシを1ボックスで提供するアプライアンスです。

データセンターファイアウォール

Thunder CFW(Convergent Firewall)に含まれるデータセンターファイアウォール機能は、高度なネットワーク攻撃やWebアプリケーション攻撃、DDoS攻撃を阻止し、 サイト間のIPsec VPNで通信の機密性を確保します。

お問合わせ

A10 ネットワークス
ビジネス開発本部 マーケティング部
03-5777-1995
jinfo@a10networks.com

このエントリーをはてなブックマークに追加