最新情報

F5やCitrixより高速で高性能、さらに価格にも優れた、PFS/ECC対応のSSL/TLSトラフィック高速化ADC

*本内容は、米国A10 Networksが発行したブログ記事の抄訳版です。 尚、本記事の翻訳はコンピューターによって行われており、文法や用語等に誤りがある場合があります。原文はこちらよりご確認ください。(一部、日本国内での提供内容に合わせ、修正/削除された箇所があります)

これまでは、アプリケーション配信コントローラ(ADC)で、より高速、より高性能、より低価格でSSL/TLS高速化を実現する場合、これら3つのうち2つしか実現することができませんでした。 より速く、より優れた製品を選択した場合は非常に高額になり、 より高性能でより価格に優れたものを選択した場合は、高速性を犠牲にする必要がありました。

しかし、今はもう違います。

さらに速く

A10の新しい高度なSSL/TLSソリューションを使用すると、 高度なSSL/TLS暗号化トラフィックを迅速に処理できます。コンパクトな1Uのアプライアンスで、業界で使用されているものよりも速いSSL/TLS処理機能を備えています。 比較してみましょう。

SSL/TLSコネクション/秒

ECの384鍵長暗号TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256を使用した内部テストでは、最新の第3世代SSL/TLSプロセッサを搭載したA10 Networks Thunder 4440S ADCが1.5倍の接続速度(CPS)を実現しています。インターネット上で一般的なオブジェクトサイズを使用したテストの大部分については、F5の同等の機種よりも優れています。*

Thunder 4440Sは、128Bのファイルサイズに対し44,000CPSを提供します。 5KBファイルの場合は38,000CPS、 16KBファイルの場合は33,000CPS、 512KBの場合は2,300CPSです。

競合他社の同等機種と並べて見ると、A10は他に類を見ないスピードを出していることがわかります。

例えば、F5はA10の旧世代の製品に対して行った内部テストの結果として、BIG-IP i7800は128Bに対して27,243CPS、 5KBの場合は27,077CPS、 16KBの場合は26,573CPS、 512KBの場合は5,251CPSを実現したと報告しています。

また、F5は、CitrixのNetScaler 14080が128KBファイルサイズに対し5,103 CPSを、5KBで5,087CPS、16KBで5,060CPS、 512KBの場合は2,156CPSを提供していると言っています。

cps_chart_r1.png

さらに高性能に

新しいThunder ADCアプライアンス高度なSSL/TLS処理が可能な最新のハードウェアを搭載しているため、パフォーマンスは劇的に向上します。CPUに処理が集中する最新の暗号化はこのハードウェアによって高速に処理します。 暗号方式の高度化によってもたらされるアプリケーションパフォーマンスの低下や、お客様のサービスに対する評判が落ちてしまうことを心配する必要はありません。

SSL/TLSバルクスループット

Thunder 4440Sは、バルクスループットに関しても競争力があります。

同じ暗号鍵長で比較した場合、Thunder 4440Sは25Gbpsのバルクスループットで動作しますが、F5社の製品データシートによると、F5のBIG-IP i7800のテストでは20Gbpsを提供しているそうです。

つまり、バルクスループットに関しては、A10が25%優れており、企業は大量のSSL/TLSトラフィックを安全に最高の速度で処理することができます。

未来に向けて

暗号化されたトラフィックはWeb上で急増しており、eコマース企業やアプリ開発者は、最新の暗号化手法を使用してアプリケーションや顧客情報を保護することが推奨されています。 企業は、将来に向けた計画を立てる上で、現在の暗号化と復号のニーズに対応しながらも、SSL/TLS対応に伴うパフォーマンスの低下は避けなければならないという課題に直面します。

A10の新しい高度なThunderのSSL/TLSソリューションは、この課題に対応します。 企業は、暗号化されたトラフィックを今日、明日、また将来に渡って処理することができるようになり、パフォーマンスを犠牲にすることなく、より迅速かつより優れた価格で処理することができるようになります。

そして、より高速で、より高性能、より価格に優れたSSL/TLS処理が行えるようになります。

*画像を含むインターネットオブジェクトの大半は50KB未満ですが、ビデオは例外であり、50KB以上です。

このエントリーをはてなブックマークに追加