現在、社内で利用しているオフィスアプリケーションを、Office 365などのクラウドを利用したサービスに移行するケースが増えています。

これらを利用した場合、従来社内ネットワーク内で行われていた通信はインターネット上のクラウドサービスとの間で行われるようになり、その通信量とセッション数の増加により社内プロキシサーバの負荷増大やインターネット回線逼迫などの問題が発生します。
その結果、予定表が開けない、チャットが開始できないなど通常の業務に支障をきたす可能性があります。

お見積り/お問合せ
無料お試し
無料セミナー
製品スペック
導入事例

Office 365導入によって起こる2つの大きな問題

Office 365導入によって起こる2つの大きな問題

1. セッション増によるプロキシの負荷増大
2. トラフィック増によるインターネット回線のひっ迫

この問題に対し、一般的には次のような対策が取られていますが、また別の問題が発生しています。

一般的に行われている対策

一般的な対策①:PCにPACファイルを適用

一般的な対策①:PCにPACファイルを適用

セッション増対策として、PCにプロキシ PAC ファイルを配布し、Office 365ドメイン向け通信がプロキシを経由しないよう設定する手法が取られています。
ただし、PCへPACファイルがうまく適用されないトラブルが発生する、Windows PC以外のデバイスに適用できない、Office 365ドメインの更新が頻繁に行われるためPAC更新頻度が増える、など運用面で問題があります。

一般的な対策②:Azure Express RouteにOffice 365トラフィックを分散

一般的な対策②:Azure Express RouteにOffice 365トラフィックを分散

トラフィック増対策として、Azure Express Routeを契約し、経路制御によりOffice 365トラフィックの一部をこの専用回線サービスへ向ける手法が取られています。
ただし、このExpress Route向けの経路はグローバルアドレスで、しかもこの経路制御を社内ルーターでBGPにより行う必要があります。

一般的な対策③:インターネット回線の増設

一般的な対策③:インターネット回線の増設

他にも、トラフィック増対策として、新規インターネット回線を増設し、Office 365トラフィックをその回線に分散する手法が取られています。
ただし、Office 365トラフィックのみ新規回線に分散するよう制御することは簡単ではありません。なぜなら、インターネットゲートウェイで、回線分散装置やポリシーベースルーティングによる制御を行おうとしても、送信元IPアドレスではインターネットトラフィックの中からOffice 365トラフィックのみ制御することはできないためです。また、宛先IPアドレスによる制御はOffice 365のIPアドレスが頻繁に更新されるため、これに追随し設定を常に変更するのが難しいことも理由に挙げられます。

これらを解決する、A10のクラウドプロキシソリューション

A10のソリューション:プロキシをA10 Thunderシリーズにするだけ

A10のソリューション:プロキシをA10 Thunderシリーズにするだけ

A10のクラウドプロキシソリューションは、プロキシをA10 Thunderにするだけで、宛先ドメイン名に従った振り分けを行うことができます。
Office 365ドメイン以外への通信は従来のプロキシに振り分け、Office 365ドメインへの通信は、サービス毎にExpress Routeとインターネット回線を判別して振り分けることができます。

A10のクラウドプロキシ導入によるメリット

  • ポイント1 : 面倒なPACファイルの配布、更新が不要
  • ポイント2 : 社内ネットワークからExpress Routeへのルーティングが不要
  • ポイント3 : 圧倒的なコストパフォーマンス
  • ポイント4 : Office 365ドメイン情報の自動更新が可能(*)

*Microsoftが公開しているOffice365ドメイン情報は変更される可能性があります。その際は、この情報に従いA10の設定も更新する必要があります。A10はこのドメイン情報の設定更新を自動化するソリューションをご用意しております。ご不明な場合は、お気軽にお問い合わせください。

ドメイン情報の更新の自動化ソリューション

A10 Thunder シリーズのその他のメリット

  • ・ Office 365 トラフィックの帯域制御が可能
  • ・ プロキシの負荷分散が可能
  • ・ ファイアーウォール機能を内蔵(*)
  • ・ SSL可視化が可能(*)
 *Thunder CFWでのみ利用可能

関連資料

Office 365利用におけるネットワーク負荷対策
クラウド環境におけるパフォーマンスとセキュリティの課題を解決
クラウドプロキシ、SSLインサイト ハンズオンセミナー

PAGE TOP